StationTV Xとグラフィックスドライバの相性により視聴再生が上手くいかない場合の対処方法

「StationTV X」はPIXELA CORPORATIONが発売しているテレビキャプチャーに付属するソフトウェアです。「StationTV X」と私がWindows10環境で利用しているグラフィックボード「AMD Radeon RX 470 4G」においてグラフィックスドライバとの相性に問題により、パソコンでのテレビ視聴に不具合が発生。そのとき一時的に使用した不具合の回避方法の備忘録です。

StationTV Xと利用している製品

私が利用している製品は「PIX-DT230-PE0」。この製品は地上波・BS・CSの3派対応のダブルチューナーで1枚で2番組同時録画まで、2枚同時利用で最大4番組同時録画まで対応する優れもの。

本体はロープロファイル対応し、スリムPCにも取り付けが可能。同じくロープロファイル対応の次世代機種にあたる「PIX-DT460」に比べても機能的には遜色もないにもかかわらず、中古市場でお得に入手できます。

製品の違いは「PIX-DT460」がmini B-CASカード採用であるが、「PIX-DT230-PE0」はB-CASカード採用であり、PCケース背面部よりB-CASカードが4cm程はみ出る点です。それ以外はほぼ同等。

元々は、Windows10環境でグラフィックボード「AMD Radeon HD7750 1G」と「PIX-DT230-PE0」との構成で使用していたのですが、ゲーム環境アップグレードのためグラフィックボード交換し「AMD Radeon RX 470 4G」を導入。当時、最新のドライバであった「Crimson ReLive Edition 17.4.4」をインストールして「StationTV X」でテレビ視聴を楽しんでいました。

OSの自動アップデートにより不具合発生

いつも通りパソコンでテレビを視聴しようと「StationTV X」立ち上げてみると「ウィンドウ画面が緑一色」。単純なエラーでも起きたのかと思いWindows10を再起動してみても不具合は解消せず。色々と原因を探ってみたところWinsows10の自動アップデートによって新たなグラフィックスドライバ「Crimson ReLive Edition 17.7.2」がインストールされたことが分かりました。

とりあえず、グラフィックスドライバを以前のものに戻し、一時的にテレビ視聴ができる状態になったものの、再びWindows10の自動アップデートで同じ症状が発生。仕方がないのでメーカーである「PIXELA CORPORATION」に問い合わせ、回答に従いグラフィックボードの修正ドライバがリリースされるまでの間、次の処置を施しました。

不具合の一時的な回避方法

次の手順で「StationTV X」の設定を変更します。

  • 「StationTV X」を起動
  • 「StationTV X」の「メニュー」から「設定」を選択
  • 「視聴設定」をクリックし「映像表示」を選択
  • 「デコード方式」を「ソフトウェア」に変更

上記の設定変更により、一時的ではあるもののテレビ視聴が可能になりました。ただ、パソコンの処理状況によってはフレームレートが下がり、カクツキが発生します。上記の「デコード方式」を「ソフトウェア(ダウンスケール)」を選択するとカクツキは減りますが著しく表示画質が落ちます(録画画質への影響は少ない)。

なお、私の環境下ではその後リリースされたグラフィックスドライバ「Crimson ReLive Edition 17.11.1」にて相性による不具合は解消しました。解消後は「デコード方式」を「自動」に変更しています。ご参考になれば幸いです。

SNSで記事を共有する
アクセスして応援する

あわせて読みたい記事