PC修理に伴うパーツ構成変更後のWindows10のライセンス再認証について

パーツ故障などのトラブルによりWinsows10マシーンのパーツ構成の変更を余儀なくされる場合があります。今回はWindows7Pro(DSP版)からWindows10へ無償アップグレードを行ったマシーンのパーツ構成変更後におけるWindows10ライセンスの再認証を求められたときの備忘録です。

えっ、ライセンス再認証不可?

今回PC修理のため交換を余儀なくされたパーツはマザーボードでした。マザーボード交換前にインストールしていたOSは「Windows 10 Anniversary Update (Version 1607)」。何事もなくパーツ交換を終え、いざWindows10を起動してみたところ「ライセンス認証」が解除されており、改めてライセンスの認証を行おうとしたところ、ライセンス認証の設定ページに、「Windows ライセンス認証サーバーに到達できません」というエラーが表示されライセンスの認証ができないというトラブルにあいました。

一度だけ再認証できるはずなのに...

WindowsではPC修理に伴うパーツ構成変更後は、一度だけライセンスの再認証を行うことができるそうです。その情報を頼りに安心していた私にとってこれは「まさか」の事態でした。それは、新たにWindows10を購入するのは痛い出費になるからです。そこで、いろいろと調べているうちに「Microsoftサポート」の記事に出会いました。

マザーボードを交換した PC に Windows 10 Anniversary Update をインストールすると、「Windows ライセンス認証サーバーに到達できません」というエラーが発生する(Microsoftサポート)」によると「Windows 10 Creators Update」に組み込まれたマザーボード交換に関する改善がないことが原因のようです。

私はこの情報を鵜呑みにし、「Microsoftサポート」の記事にある解決方法に従いライセンス再認証の作業を開始することにしました。

手順通りのはずなのに進まない再認証

行った手順は次の通りです。

  • 「Windows 10 Creators Update」に更新するべく、Windows10ダウンロードページにアクセスし、「Update now」ボタンをクリック更新用プログラムをダウンロードし適用。
  • 「スタートメニュー」から、「設定」を開き、「更新とセキュリティ」を選択して、左側のメニューから「ライセンス認証」を選択します。
  • 「プロダクトキーの変更」を選択します。
  • 使用しているWindowsエディションに一致する、既定のプロダクト キーを入力。(Winsows10はデジタルライセンスのため、認証したマシーン構成にデジタルライセンスが紐づく形でMicrosoftライセンス認証サーバーに登録されいるそうです。このプロダクトキーはライセンス認証を促すためのキーとしてMicrosoftより公開されているものです)
    • Home Edition:YTMG3-N6DKC-DKB77-7M9GH-8HVX7
    • Home Edition Single Language:BT79Q-G7N6G-PGBYW-4YWX6-6F4BT
    • Pro Edition:VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T
    • Home N Edition:4CPRK-NM3K3-X6XXQ-RXX86-WXCHW
    • Pro N Edition:2B87N-8KFHP-DKV6R-Y2C8J-PKCKT

この作業を何度繰り返してもエラーメッセージが表示されライセンス認証が通りません。もう、泣きそうな状態です。インターネットの情報によれば「コマンドプロンプト」から特定のコマンドを入力すればライセンス認証を行うことができるようですが、素人には敷居が高く、悪化を考えると手が出ません。そんな時、ふと「コントロールパネル」から「システム」を表示してライセンス認証したならどうだろうかと思いました。

コントロールパネル経由でのライセンス認証へ

行った手順は次の通りです。

  • 「スタートメニュー」から、Windows システム ツール」を開き、「コントロールパネル」を選択
  • 「コントロールパネル」の「システム」を選択
  • 「今すぐライセンス認証を行うにはここをクリックしてください。」をクリックし、既定のプロダクトキーを入力

この作業により無事ライセンス認証を行うことができました。他の環境下ではどうなのか分かりませんがご参考になれば幸いです。

追記補足情報

Microsoftサポートに「Winsows10のライセンス認証について」次の記載がありますので併せてが参照ください。